復興7
トーナメント・テーマ
まもなく東日本大震災から7年。そのほか、沢山の災害が起こりました。
災害の被害、歩み、想い。そして今の姿。
あなたの記事をお待ちしています。

↓歴代優勝者
第五回 メンバー不足により中止
第四回「熊本地震後の川尻林昭三刃物工房」R1号 さん
第三回 メンバー不足により中止
第二回「1/16、訪問延べ1000人。」プニプニさん
第一回「あの日から8401日」nyaonさん
参加カテゴリー
地域生活(街) 東北, 地域生活(街) 関西, その他生活

参加メンバー一覧

  •  
nwomaさんのプロフィールなかさんのプロフィール土田げんごろうさんのプロフィールプニプニさんのプロフィールさくらパパさんのプロフィールカエサルさんのプロフィール
nwomaさんなかさん土田げんごろうさんプニプニさんさくらパパさんカエサルさん
KING KONGさんのプロフィールなおこさんのプロフィールみずきさんのプロフィールごんたさんのプロフィールSERUNAさんのプロフィールおばちゃんさんのプロフィール
KING KONGさんなおこさんみずきさんごんたさんSERUNAさんおばちゃんさん

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。

参加記事一覧

  •  
  • ひとり言
  •  山間の村で育ったヒトが 「ふるさとの山に向かいて言うこと‥」が、ないように 海辺で育った彼らから「海」を奪った時から もう 「ふるさと」でも何でも無くなっちゃうんだろうね  だから、幾ら「もう、帰れるから」と言ったって 誰も戻って来なかったとしたら   
  • 休耕田
  • 未曾有の災害から
  • 昨日は、一晩で約10万人が犠牲になったとされる東京大空襲から73年犠牲者を悼む法要がありましたとのニュース秋篠宮両殿下が去年に続き参列されたのですね。そして今日は、あまりにも衝撃的な東日本大震災が起きてから丸7年まだまだ復興は道半ば。警察庁の発表では、身元が特
  • おばちゃん日記
  • 「もう7年」「まだ7年」
  • 一日ズレたけど書こうかな。東北の話になると、静岡の沿岸部で暮らす立場としては、決して他人事ではいられないんですよね。この話になると…というか震災当時にTVから映し出された津波の映像を見た時からずっと「明日は我が身」という言葉が頭に。いつ来るかわからない大地震
  • SERUNAさんちのあじふらい
  • 咲いたヒヤシンスと地震・政治・偏見について思うことども
  •  雪や極寒の日々に耐えた庭のヒヤシンス(giacinto)たちが、ようやく花を開き始めました。11/3/2018 不思議なことに、例年、青紫色のヒヤシンスの方が、ピンクに比べて、1輪ごとの小さなつぼみや花の数がずっと多いのです。 ピンクの花を愛でながら、日本の紅梅や桜を思
  • イタリア写真草子 - Fotoblog da Perugia
  • あれから7年 -祈ります-
  • 안녕하세요? あれからもう7年になるんですね… この記事は、‘あの時’と同じ時刻に書きこまれています 震源から遠く離れた所にいる講師も、あの時は鮮明に覚えていますが、間違いないのは、 今を生きていられることへの感謝 今を生きていられるのは当然のことではない
  • 四日市韓国語教室 ハングル語学堂四日市校・ブログ
  • 7度目の「3.11」に思う〜SFJ 深夜便から見上げた夜の星〜前編
  • スターフライヤー(SFJ)93便エアバスA320型旅客機は、定刻23時15分に乗降口の扉を閉め、様々な色彩の誘導灯が見渡す限りに散りばめられた羽田空港の誘導路を、するすると流れるようにタキシングしてから、北九州空港に向けて離陸した。 我が国随一の離発着数を誇る首都圏の
  • ごんたのつれづれ旅日記
  • ■2011年3月20日(7年前のある一日)
  •  3月11日です。あの「3.11」から7年ということになります。毎年、この日は、震災時の生活のことを振り返ることにしています。 今回は、「2011年3月20日」です。特別な日というわけではありません。大地震から10日目、すでに電気は来るようになっていたんですけ
  • カエサルの世界
  • 約束・・・・・・・・あれから 丸7年・・・・・ −」−
  •                    ブログランキング・にほんブログ村へ ← (文字を )↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑    おねがいしま〜〜す。(⌒▽⌒)あの日は 日曜日で・・・・・・テレビで 津波を 初めてみました・・・・・・・ −」−いままでの
  • 或る阿呆の世迷言と愚痴と独り言