TOPICS

続きを見る

  • 1位

    はじめての、おつかいのテレビ番組

    小さいこどもを親が意を決して、初めてのお使いに出し、付かず離れずサポートしながらカメラマンの人たちが、その姿を撮影するテレビ番組があります。泣いたり笑ったりと、大人顔負けのことをすることに毎回、ハラハラドキドキを楽しみに見ています。今回は一度頼まれたお使いの後、忘れ物があることを知り、往復4キロの道のりを、もう一度トライした男の子。その男の子は、泣きながら雨の中を必死に走って、お姉ちゃんの学校に届けました。納得する気持ちに、正直だった男の子の姿に、ただただ感動しました。今の時代、危ないからと云って、つい大人が子供にさせないことが多い中、本当に頑張りやの、子供たちの姿に脱帽でした。このような、ほほえましいテレビ番組がずっと続いてほしいなと思いました。最近のテレビ番組は、食べ物番組とか、くだらない番組が多すぎます。...はじめての、おつかいのテレビ番組

    へた爺

    へたっぴ釣り爺の雑記帳

    読者になる
  • 2位

    3.14常磐線・全線再開

    常磐線が全線で運行を再開するのは3月14日。震災と原発事故、その後の避難指示と続き、線路が赤さびに覆われてから丸9年。除染と構内整備を終え、心地よい車輪の音が双葉・大野・夜の森駅の3駅に戻ってくる。最初に常磐線が全線開通したのは1898年ころ。その後、経済性や効率ばかり求められる時代に地方は苦闘しつつ、通勤・通学・通院に欠かせない生活路線を懸命に地域が守ってきた。そして今回の復旧。思えば震災後の9年間、被災地は巨額の復興予算を巡って「知恵を出せ」と急がされ、住民も役場職員も休むことなく走り、復興マネーの多くは、中央へと吸い取られた。超特急のような予算消化に疲労感が残っている。各駅停車の旅こそ実は大切にしたいものだ。何か違うなという風景が広がっていれば、降りてじっくり見てみたい。ゆっくりと考えれば本当に必要なこと...3.14常磐線・全線再開

    へた爺

    へたっぴ釣り爺の雑記帳

    読者になる

続きを見る

  • 気まぐれ写真

    気まぐれ写真

    気取らない何気ない一枚、散歩ついでの一枚など、気軽に撮った写真の場。

    テーマ投稿数 402件

    参加メンバー 17人

  • 弘前公園

    弘前公園

    弘前公園についてなら何でもOKです。 歴史、さくらまつり、紅葉、雪祭り、イベント、貴方と弘前公園などなど宜しくお願い致します。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 5人

  • 元気に楽しく

    元気に楽しく

    一年毎に老い感じるようになり、昨日迄背中へ廻した手が組めていたのに、今日は出来なくなる。 いろんな事かこのようにして出来なくなるのかー 思うとさびしいね。 

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 弘前のブロガーブログ

    弘前のブロガーブログ

    さくらまつりで有名な城下町、青森県弘前市在住者のブロガーや、弘前に関してのブログを集めてみよう!

    テーマ投稿数 100件

    参加メンバー 12人

  • 弘前B級グルメ

    弘前B級グルメ

    青森県弘前市のB級グルメ情報。 ご当地でしか食べられない!だからこそB級グルメ! まだまだ知らないご当地名物B級グルメをみんなで探し出そう!

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 2人

  • 青森県弘前市ご当地グルメ

    青森県弘前市ご当地グルメ

    青森県弘前市のご当地グルメブログを書いてる方、地元人しか知らない方、ぜひトラックバックしてください!

    テーマ投稿数 30件

    参加メンバー 4人

  • 仙台カウンセリング

    仙台カウンセリング

    仙台市内でカウンセリングや心理セラピーを行っている方はどなたでも

    テーマ投稿数 176件

    参加メンバー 7人

  • 青森県ブロガーのブログ

    青森県ブロガーのブログ

    青森県のブロガーの方、青森県に関しての記事をブログに掲載している方、どんどんトラックバックしてください!青森県ブロガー集合!!

    テーマ投稿数 57件

    参加メンバー 9人

  • 残しておきたい青森の里山

    残しておきたい青森の里山

    日々失われていく、青森の里山を写真で残していきたいと持っています。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • 東北美人あきたこまち

    東北美人あきたこまち

     秋田県、青森県、岩手県、福島県、宮城県、山形県など東北地方ゆかりの女性タレントをまとめます。  たとえば■秋田出身のモデル女優に加藤夏希・佐々木希、■青森出身の細川ふみえ・水谷ケイ、■岩手出身の小松彩夏・田山真美子・麻生奈未、■宮城出身の安藤沙耶香・瀬戸早妃・西舘さをり、■福島出身の伊東美咲・千葉麗子・日向泉、■山形出身の橋本愛実、新潟出身の原幹恵など。東北地方から多数の美人が輩出されています。  画像はお米ブランドの“あきたこまち”です。ちなみに宮城に“ひとめぼれ”というお米もあり、東北大学は宮城県仙台市に所在。津軽地方は現・青森県です。東北地方の名所に日本三景の松島があり、戦国武将では伊達政宗・上杉謙信などがいました。

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • はじめての、おつかいのテレビ番組

    小さいこどもを親が意を決して、初めてのお使いに出し、付かず離れずサポートしながらカメラマンの人たちが、その姿を撮影するテレビ番組があります。泣いたり笑ったりと、大人顔負けのことをすることに毎回、ハラハラドキドキを楽しみに見ています。今回は一度頼まれたお使いの後、忘れ物があることを知り、往復4キロの道のりを、もう一度トライした男の子。その男の子は、泣きながら雨の中を必死に走って、お姉ちゃんの学校に届けました。納得する気持ちに、正直だった男の子の姿に、ただただ感動しました。今の時代、危ないからと云って、つい大人が子供にさせないことが多い中、本当に頑張りやの、子供たちの姿に脱帽でした。このような、ほほえましいテレビ番組がずっと続いてほしいなと思いました。最近のテレビ番組は、食べ物番組とか、くだらない番組が多すぎます。...はじめての、おつかいのテレビ番組

    へた爺 へたっぴ釣り爺の雑記帳
    読者になる
  • 3.14常磐線・全線再開

    常磐線が全線で運行を再開するのは3月14日。震災と原発事故、その後の避難指示と続き、線路が赤さびに覆われてから丸9年。除染と構内整備を終え、心地よい車輪の音が双葉・大野・夜の森駅の3駅に戻ってくる。最初に常磐線が全線開通したのは1898年ころ。その後、経済性や効率ばかり求められる時代に地方は苦闘しつつ、通勤・通学・通院に欠かせない生活路線を懸命に地域が守ってきた。そして今回の復旧。思えば震災後の9年間、被災地は巨額の復興予算を巡って「知恵を出せ」と急がされ、住民も役場職員も休むことなく走り、復興マネーの多くは、中央へと吸い取られた。超特急のような予算消化に疲労感が残っている。各駅停車の旅こそ実は大切にしたいものだ。何か違うなという風景が広がっていれば、降りてじっくり見てみたい。ゆっくりと考えれば本当に必要なこと...3.14常磐線・全線再開

    へた爺 へたっぴ釣り爺の雑記帳
    読者になる

続きを見る

「地域生活(街) 東北ブログ」 カテゴリー一覧